川崎駅すぐ(JR川崎駅徒歩4分・京急川崎駅徒歩1分)の弁護士事務所・土日夜間も相談可能 弁護士10人所属(川崎地域の大規模事務所)

川崎つばさ法律事務所
HOME » 弁護士紹介 » 椋尾 ゆう子

_椋尾 ゆう子MUKUO YUKO

神奈川県弁護士会所属

自己紹介PLOFILE
  • 出身地:東京都
  • 趣味:ダンス
  • 特技:イタリア語
  • 好きな言葉:Non è bello ciò che è bello, ma è bello ciò che ti piace. (美しいものが美しいのではない、好きなものが美しいのである。)
  • 尊敬する人:母
  • 資格:TOEIC975、シエナ外国人大学主催イタリア語検定(CILS)B2、入国・在留手続申請代理届出済弁護士
  • ブログ:http://k-tsubasalaw.com/author/mukuo/
経歴CAREER
  • 新宿区立淀橋第二中学校卒業
  • 東京都立大学附属高等学校卒業
  • 恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒業
  • 神戸大学法学部卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院(ロースクール)修了
  • 司法試験合格
  • 川崎つばさ法律事務所所属
  • 神奈川県弁護士会人権擁護委員会外国人の人権に関する部会所属
  • 外国人ローヤリングネットワーク会員
インタビューINTERVIEW

弁護士になったきっかけは?

短期大学で園芸を学んだ後、花の品種改良の仕事をしていました。この仕事の関係でイタリアに滞在していた際に東欧諸国から出稼ぎに来ている方々と知り合い、母国を離れ、外国で働く人の苦労を目の当たりにしました。そこで、日本で働く外国人の方々の力になれる仕事がしたいと思い、弁護士を目指しました。

弁護士として仕事をする上で、
特に意識していることは何ですか?

同じ分野の相談であっても、一人ひとりの方々の背景にある事情は様々で、ひとつとして同じ事件はないと思います。初心を忘れずに、1件1件の事件を丁寧に取り組んで、それぞれの方にとってより良い解決を導きたいと思っています。

最後に一言

依頼者の方々の長い人生の中で、弁護士が関わるのはほんの短い期間かもしれません。しかし、弁護士が関わったことで、依頼者の方に、その後の暮らしや生活が少しでも良くなったな、と思っていただけるような仕事をしていきたいと考えています。ぜひお気軽にご相談下さい。