HOME » 裁判についての基礎知識 » 裁判にかかる費用について

裁判にかかる費用について

離婚の手続きは、裁判離婚・協議離婚・調停離婚に分かれるのですが、
最終的にお住まいの役所に離婚届を提出することになります。
それぞれの離婚手続きの流れと費用を簡単にご説明いたします。

【協議離婚】離婚する理由は問わず夫婦が離婚に合意した場合、離婚届に署名・捺印し、
市町村などの戸籍係に提出し、離婚届が受理されることで成立する。

【調停離婚】夫婦で話し合いをして離婚の合意に至らない場合、また双方が離婚に合意しても、
財産分与や親権などお金や子供の問題で離婚条件が折り合わない時は
夫婦のどちらかが家庭裁判所に調停を申し立てます。
家庭裁判所で家事審判官と調停委員が夫婦双方の言い分を聞いて、和解に向けて調停を進めていきます。
夫婦ともに調整案に合意すれば離婚が成立し、費用も定額(2000円程)です。

【裁判離婚】協議離婚できず、調停離婚でも合意に達しなかった場合、
最終手段として離婚訴訟を起こし、離婚の請求をするのが裁判離婚です。
また、一番費用がかかるとされているのが裁判離婚で、
離婚が成立するまでに高額な費用(約100万円程)がかかるケースが多いようです。
費用には収入印紙代を含む離婚請求料、郵便切手代、弁護士の着手金や報酬などが含まれます。
また、「離婚」以外の財産分与などの金銭面で訴えがある場合、内容に応じて別途請求料が発生します。

川崎つばさ法律事務所では、裁判離婚の経験が豊富な弁護士が初回無料でご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。