HOME » 裁判についての基礎知識 » 親権獲得の考え方について

親権獲得の考え方について

親権とは、未成年者の子どもを監護・養育し,その財産を管理し、
その子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことをいいます。
離婚条件のうち、慰謝料、財産分与などは話し合いで解決出来る可能性がありますが、
親権争いは話し合いがつかないまま裁判まで至るケースもあります。


親権を得るための条件として
・父母の生活状況と子供の面倒を見る時間
・女親か男親か
・子供の年齢
・子供の生活状況と意思
・離婚の原因
といった項目があげられます。


虐待や育児放棄などの親権者としてふさわしくない等の事情がない限り、
一般的に父親よりも母親の方が、親権を獲得出来るといわれています。
特に女児、乳幼児から小学生くらいまでの子供の場合はその確率も高いです。

子供の年齢が高い場合には今の生活環境を考慮し、本人の意思も尊重されますが、
幼いうちは親が手をかけなくてはなりません。

日本では子供を育てるのは母親という発想が強いというのと、
夫よりも妻のほうが子供といる時間が長いということも関係しています。
父母のほかに、子どもの面倒をみてくれる人がいるかも重視されます。
両親と同居するなどの子供を育てやすい環境であれば、親権を得る上で有利と考えられるでしょう。

また、離婚の原因と親権問題は基本的には別の問題ですが、
原因によっては子供の養育に影響のあるものと考えられる場合もあります。

最終的には子供のためにどちらが最適であるかが決め手になります。

親権を希望するなら、子どもとの生活環境をあらかじめ整えておいたり、
両親などに協力を求めたり、職場の理解を得ておくなどの対応をしておくことが重要です。
子どもの親権を得たら考える、という場合には、
裁判所から親権者としてふさわしくないと思われてしまう可能性もありますので、注意が必要になります。