川崎駅すぐ(JR川崎駅徒歩4分・京急川崎駅徒歩1分)の弁護士事務所・土日夜間も相談可能 弁護士10人所属(川崎地域の大規模事務所)

川崎つばさ法律事務所
HOME » 費用の目安 » 離婚

_離婚DIVORCE

01費用の目安一覧

離婚についての費用の目安は以下のとおりです。

離婚問題

項目 着手金 報酬金
交渉段階 200,000円(税別) 200,000円(税別)
そのほか、相手方から経済的利益を獲得した場合、その8%
調停段階 300,000円(税別)
ただし、交渉段階から引き続き受注する場合
100,000円(税別)
300,000円(税別)
そのほか、相手方から経済的利益を獲得した場合、その10%
訴訟 400,000円(税別)
調停から引き続き受任する場合には、
100,000円(税別)
400,000円(税別)
そのほか、相手方から経済的利益を獲得した場合、その12%
養育費については、2年分を経済的利益として計算します。
養育費受給期間が2年を下回る場合、受給見込合計額が基準となります。

02具体例

CASE.1 結婚10年目の夫婦,7歳の子供が1人。妻が夫に対し,離婚と子供の親権, 毎月6万円の養育費,慰謝料300万円,財産分与,年金分割を求めて調停を申し立てた場合

最終的に,調停離婚が成立し,妻が親権を獲得するとともに、毎月5万円の養育費, 慰謝料150万円,財産分与300万円,年金分割0

この場合の弁護士費用の内訳

  • 着手金

    300,000円(税別)

  • 報酬金

    300,000円+570万円×10%=870,000円(税別)

この場合の弁護士費用の目安額
合計 870,000円(税別)