川崎駅すぐ(JR川崎駅徒歩4分・京急川崎駅徒歩1分)の弁護士事務所・土日夜間も相談可能 弁護士10人所属(川崎地域の大規模事務所)

川崎つばさ法律事務所|弁護士ブログ
HOME » 酒井 保徳ブログ

養育費はいくら請求できる?

養育費の額を決めようにもいくらにしたらわからない・・・
という場合,家庭裁判所が作成している養育費算定表を参考にしましょう。

www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/30212001.pdf

子供の人数・年齢によって用いる算定表が異なります。
支払う側ともらう側の収入とが交差する部分を一つの基準とすると良いでしょう。

とはいえ,養育費の額は当事者間で合意ができればいくらでも構わないので,
お子さんを引き取る側はできるだけ多くもらえるよう交渉してみましょう。