川崎駅すぐ(JR川崎駅徒歩4分・京急川崎駅徒歩1分)の弁護士事務所・土日夜間も相談可能 弁護士10人所属(川崎地域の大規模事務所)

川崎つばさ法律事務所|弁護士ブログ
HOME » 添田 樹一ブログ

少年審判

先日少年審判期日に出席してきました。

少年審判というのは、簡単に言えば成年でいう刑事裁判のようなものです。

この審判という場で、少年に対する最終的な処分が決まることになります。

私は、少年の付添人(成年で言えば刑事弁護人)として審判に参加しました。

少年の付添人というのは、実は結構(というか「かなり」)大変な仕事です。

通常の刑事裁判と比べて活動できる期限が短いため、迅速かつ計画的に動かなければなりませんし、

様々な理由から少年との面会の機会も多くとる必要があります。

また、両親、学校関係者、職場、裁判所(裁判官、調査官)など、連絡をとりあわなければいけない関係者も多くいます。

なので、年間10件、20件も受けるというのはとてもできません。

少年事件をやると、いつも「弁護士にとっては100分の1の案件であっても依頼者にとっては1分の1の案件であることを常に意識せよ」

という言葉(前勤務先の先輩弁護士の言葉)を思い出します。

少年一人一人、みんな個性が違うし、抱えている問題も異なります。

ひとつひとつの事件を大事に、誠実に取り組んでいきたいですね。

 

川崎つばさ法律事務所

弁護士  添田 樹一